周りの人や環境に左右されない自分になるには?

みなさん、こんにちは
NLPコミュニケーションカレッジ@福岡の吉村です。

前回、宿命や使命、運命という言葉を考えることは
自分の人生を考えることにつながるので、そのお話をしていきました。

宿命と使命と運命って?

その中で、使命や運命は、決まっているのではなく
「決めること」ということをお伝えしました。

人生にとって、「決める」ということはとっても大切なことです。

なぜなら、人生を航海の旅だと例えると・・・

船は目的地を決めないと、ただ漂うだけになります。

そうなると、行き先は潮の流れに左右されてしまい
到着した場所が、自分にとって良い場所なのか、そうでないかはわかりません。

もしかすると、漂流していく映画のストーリーのように
とんでもない場所にいってしまうこともあるかも知れません。

でも、目的地を決めておくと
それに向かって航海を始めます。

当然、潮の流れもあるけど、
それも時には活用したり、流れを計算して目的地にいく方法を
自然と考えます。

そして、目的地に辿り着きます。

自分が望んでいる場所へ。

目的地を決めることで、潮の流れに左右されるのではなく
活用したり、それと意図して進んでいくことになります。

つまり、日常の中で潮の流れというのは、
今の自分の周りの人や職場や環境、時代の流れなどになります。

周りの人や職場環境、時代に振り回されたり
翻弄される人生を選ぶのか?

目的地を決めて、左右されるのではなく
活用したり、それも意図して進んでいく人生を選ぶのか?

それも「決めることが出来る」ということです。

世の中には、人生を良くしていく方法や
周りに左右されない自分になる方法や
人間関係を良くしていく方法など

いろんなものがたくさんあります。

でも、その手法はあくまでも道具であって、
航海で言えば船であって

道具や船が人生を変えてくれるわけではありません。

決めた人が人生が変わっていくのです。

人生が変わった、すっごく良くなったという人がいますが

その人たちは、何かを学んだり、知ったから変わったのではなく
決めたから変わったのです。

「何かを決めた!」

その瞬間から人生は主体的に動き出すのです。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございます!

関連記事

ページ上部へ戻る