心にグッときた言葉

みなさん、こんにちは
NLPコミュニケーションカレッジ@福岡の吉村です。

福山雅治が主演を務めていたNHK大河ドラマ「龍馬伝」では、心にグッとくる言葉が数々登場してきます。

ひとそれぞれ感じ方は違うと思いますが、私が「グッ」と感じた言葉を3つほど紹介します。

「人はみな、いつかは必ず死ぬ。だからこそ、死にがいのある生き方をせねばならん」
北辰一刀流 千葉道場・千葉 定吉

「この世に生まれたからには、おのれの命を使いきらんとならん。使い切って、生涯をおえるがじゃ!」
坂本 龍馬の父・坂本 八平

そして、これまでの中で、最も心に「ググッ」ときた言葉・・・。

吉田松蔭が、黒船に乗り込もう(密航)として、桂小五郎と坂本龍馬がそれを止めさせようとする場面。

坂本龍馬は、それを止めにきたつもりが、吉田松陰の言葉に心を動かされ、

「一緒に連れて行ってくれ」と頼む。

それを聞いて、吉田松蔭が坂本龍馬に叱責する時の言葉。

「坂本君、ばかたれ~!」

「黒船に乗りこんで、アメリカに行くんは僕のやるべきことであって、君じゃない!」

「君は何者じゃ!」

「何のためにこの天のもとにおる!」

「君のやるべきことはなんなんじゃ~!」

・・・・・・・

「考えるな!」

「己の心をみろ!そこにはもう答えがあるはずじゃ!」

吉田 松蔭

溜まりませんね。本気でこんな言葉をかけられたら・・・

最後まで読んで頂いて、ありがとうございます!

関連記事

ページ上部へ戻る