身体の反応は、心からのメッセージ

みなさん、こんにちは
NLPコミュニケーションカレッジ@福岡の吉村です。

みなさんは、日常の中で、急にお腹が痛くなったり、歯が痛くなったり、身体がだるくなったりする事はありませんか?

また、あまり気にならない程度ですが、身体の一部(例えば、胸とか横腹とか)が一瞬「チクッ」とすることはないですか?

実は、そんな身体の反応は、心からのメッセージなのです。

私は、小さい頃より、身体の一部がたまに「チクッ」とか「チクチク」と一瞬だけすることが良くありました。

病気なのかなぁ~と思っていても、別になんともなく健康です。

この「チクチク」感をずっと不思議に思っていました。

そして、大人になり、心理学というものを学んでいくうちに、この「チクチク」感が、自分でも意識していない領域での心からのメッセージだということが良くわかるようになって来ました。

人間の脳には、「正直な脳」と「考える脳」があると言われています。

考える脳は、ウソをつくということが出来るので、本当がどうかは分かりません。

でも、正直な脳は、そのままストレートに表現してくるので、ウソをつくことが出来ません。

身体の反応は、自分でコントロールすることが出来ないので、つまり正直な脳が、考える脳を通ることなく、ストレートに表現してきていると言う事です。

身体の反応は、自分の本当の気持ち、心のメッセージを知る方法の一つになります。

人と話をしているとき、テレビを見ているとき、仕事をしているとき、本を読んでいるときなど、何かを考えている時など、身体の反応に意識してみてください。

微々たるものかも知れませんが、その身体の反応をキャッチしたら、今体験していることと照らし合わせて、心からのメッセージを解読してみてください。

今、必要なメッセージを伝えてくれているはずです。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございます!

関連記事

ページ上部へ戻る