人を待たせる時の上手なコミュニケーション

みなさん、こんにちは
NLPコミュニケーションカレッジ@福岡の吉村です。

仕事やプライベートの中で、どうしても相手を待たせてしまわないといけない時ってありますよ。

そんな時、どんな声掛けをしていますか?

「ちょっと待ってて」

ですか?

「あと5分待ってて」

ですか?

この時間を加えるかどうかで、その人との関係性が大きく左右されます。

なぜなら、「ちょっと待ってて」は、相手の時間を奪ってしまうことになるからです。

待つ人にとっては、「ちょっと待ってて」は、いつまで待てば良いのかわからないので、待っている間、何かしようと思っても、うかつに行動は出来ません。

行動が制限され、自分の時間を相手に奪われている感覚になります。

すると、短い時間でもストレスを感じるようになり、関係性が良い方向に向かわないことがあります。

でも「あと5分待ってて」と言われると、5分と言う時間を与えられた事になるので、その時間の主導権があると感じ、あまりストレスを感じなったりします。

すると、待たせても関係性が悪い方に向かわなかったりします。

時間を告げるというのは、大事なことなんですよね。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございます!

関連記事

ページ上部へ戻る