感謝の気持ちを高めるためには?

みなさん、こんにちは
NLPコミュニケーションカレッジ@福岡の吉村です。

以前の記事で、「自信はどうやったら高まるのか?」という中で、感謝と自信の関係性について書かせていただきました。

記事は、こちら ⇒ 自信はどうやったら高まるのか?

感謝をすれば、そのものの価値が上がるということでした。

自分への感謝の量や質が高まれば、自分の価値が上がる。

それは、自分自身が素晴らしい存在だと氣づき、自然と自信は高まる。

ということでした。

自信を高めるためには、自分への感謝を増やすということです。

自分への感謝・・・・

出来るようでなかなか難しいかも知れませんね。

自分への感謝って、良く意味がわからない方もいらっしゃるかも知れませんね。

そこで、自分への感謝を高めるために・・・・

まずは、自分へではなく、自分の周りの当たり前のことに感謝することから始めてみましょう。

自分という存在は、当たり前のように存在しているので、感謝するということがなかなか見つからなかったりします。

見つからなければ、感謝の気持ちなど出てきませんので、感謝の気持ちがでてくるものを見つける努力を最初は、する必要があります。

そして、自分のことは、良く分かるようでわからないものなので、まずは自分の周りから、当たり前のように存在しているものに感謝することから始めていきましょう。

でも、無理やり感謝するということではなく、感謝というものは気持ちなので、自然とそういう風な気持ちになるように努力するということです。

感謝をするために、努力するというのはちょっと変かも知れませんが、とても大事なことなのです。

では、努力するとはどういうことかというと、当たり前に存在しているものが身の回りにあることによって、自分にどんな良いことがあっただろうか?と考えてみることです。

もしくは、当たり前のように存在しているものが、身の回りに無かったらどうなっていただろうか?と考えてみることです。

例えば、今このブログを見ているインターネットやパソコン、携帯電話がなかったら、どうでしょうか?

今から一切それが使えなくなったらどうでしょうか?

などと考えているうちに、自然とありがたいなぁ~という気持ちになってくると思います。

みなさんの周りを見渡してみてください。

どんなものがありますか?

時計、ペン、紙、電気、空気・・・・

それらがあることで、自分にどんな良いことがありましたか?
もし、それらがなかったら、どうなっていたでしょうか?

考えてみてください。

追伸:
遠~い昔、私はあるレンタルビデオ店で働いていました。
そして、台風が接近していくと、レンタルビデオ店は繁盛していました。

尋常じゃないくらいにです!

そう、台風が来たら、外に出られないので、ビデオを借りに来るという流れです。

そんな時、お客様に接客をしながら、とても不思議に思っていました。

「こんなにビデオを借りて、台風で停電になったら、どうするのかなぁ~?」って

人は、知らず知らずに内に電気があることが当たり前になっているようです。

ほとんどに人が、停電になって電気がなくなるということに気づいていなかったです。

そんな当たり前になっていることがたくさんあるのだと、そう感じさせられた当時の出来事でした。

最後まで、読んでいただき、ありがとうございます!

関連記事

ページ上部へ戻る