意識と無意識的な行動を一致させる・・・

みなさん、こんにちは
NLPコミュニケーションカレッジ@福岡の吉村です。

人は、意識していること(頭で考えていること)とやっている事が違っている場合があります。

例えば、穏やかな自分でいたいとか、人にやさしく接したいと頭で思っていても、
イライラしたり、カッとなって怒ってしまったりします。

イライラしたり、カッとなってしまうのは、感情であり、
感情は意識して起こっているのではなく、ほとんどが無意識で起こっています。

つまり、意識しているものと無意識で起こっているものが
一致していないということなのです。

意識も無意識も自分自身であるので、
自分の中で一致しないものがあり、それは自分の中でバランスが崩れていると言えます。

このようなことは良くあることです。

そのバランスが崩れていることで、
次のマイナスな感情を生み出すこともあります。

そんな時に、簡単に意識と無意識的な行動を一致させる方法があります。

そうすることで、
穏やかな気持ちやリラックスを取り戻すことが出来ます。

それは、自分の呼吸を意識するということです。

呼吸は、無意識に行っているものですよね。
でも、呼吸をしていることを意識していることはほとんどありません。

無意識で行っている呼吸を、意識で感じるのです。

無理に深呼吸などしなくてもいいので、
ただ、自分の呼吸に意識を向けてください。

しばらく意識を向けていくと、
意識と無意識が一致してきて、穏やかでリラックスした状態を創りだすことが出来ます。

しっかりとしたカタチで行うのが、呼吸法と呼ばれるものですが、
呼吸に意識を向けるだけでも効果があるので、まずは、チャレンジしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

関連記事

ページ上部へ戻る