強い感情を抑えるためには・・・

みなさん、こんにちは
NLPコミュニケーションカレッジ@福岡の吉村です。

急に「ムカッ」としたり、「イラッ」としたりすることは
人間である以上起こってくるものです。

それが、自分にとって良い方向に向かうのであれば、
良いのですが、ほとんどの場合が良い方向に向かいません。

そんなとき、急な感情の変化を抑える方法があります。

これは、EQ(心の知能指数)の中で言われていたことですが
人の急に感情的になるのは、その感情が出てきて6秒間らしいのです。

EQ入門~対人能力の磨き方
6秒間の間を乗り切れば、その感情は急速に落ちていきます。

でも、その6秒間の間に、さらに感情に触れていくと、
その時間は継続していくというものです。

なので、急激な感情の変化があった場合は、
6秒間別のことを考えるようにすれば良いということです。

例えば、6秒間数えるとか、6秒間自分の名前を呼ぶ、6秒間好きな食べ物のことを考えるとか、
決めておくといいかも知れません。

すぐに使えるようにですね。

いつか、そんな時があったら、是非チャレンジしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

関連記事

ページ上部へ戻る