これまで学んできたこととNLPを融合してオリジナルをつくりたい!ならば・・・

 

NLPを学ぼうとされる方や学んでいる方の中に、これまで学んできた事とNLPを融合して、活動をしていきたいという人が結構いらっしゃいます。

ヨガや心理学、カラー、アロマ、整体や教育、ビジネスなどなど。

ぜひ、融合してオリジナルのサービスとして活動をして欲しいと思います。

しかし、実際には、うまく融合できずに、結果として、それぞれの活動をするか、片方の活動になっているか、活動自体がなかなか始まらないという人もいらっしゃるようです。

つまり、「融合するのは難しいと言われます」

どうしても、ラポールだったり、キャリブレ―ションだったり、状態管理のスキルだったり、NLPの直接的なスキルをその活動の中で使うという事はできるのですが、融合となると難しいと・・・。

私自身は、企業のコンサルティングをしているので、仕事とNLPをキレイに融合しています。

NLPを学んでいる人でさえ、私の仕事術の話を聞いても、NLPの事を話しているとは気づかれないくらいに、仕事の中にNLPを溶け込ませています。

NLPを学んでなくても、NLPを学ばなくても、私の仕事術を学んで実践していたら、NLPのスキルも使えるようになっているということが起こります。

これが融合ということなのですが、この融合をするためには、どうしたら良いかという事ですが

私の事例でお話しすると・・・

NLPと仕事を融合(普段行っている仕事に溶け込ませる)するためには

1.NLPの本質を理解していること
2.仕事の本質が理解しているここと

この2点が必須となります。

本質と本質をつなげ合わせることで、シンプルな融合が行えます。

NLPコミュニケーションカレッジ@福岡の姉妹講座である「社会人のための学校」のブログでも紹介したのですが「30分で本が3冊読める」とかは、まさにNLPと仕事の本質がわかっているから出来る事であり、そこに何ら特別なスキル(速読など)がいる訳でもありません。

NLPは、人間の能力を最大化させるもの

その本質を理解し、仕事の本質につなげていく

有難い事に
・NLPは、学び始めて12年目になります。
・コンサルタント(仕事のプロ)になって、17年目を迎えます。

どちらも10年以上行っているので、それぞれの本質がわかり、NLPと仕事の融合が出来ているわけです。

手前みそですが、本当に仕事とNLPを融合(仕事に溶け込ませているレベル)出来ているのは、数少ないと思います。

もし、これまで学んできたものとNLPを融合してオリジナルのものを作って活動していきたいということであれば

1.これまで学んできたものの本質を理解すること
2.NLPの本質を理解すること

まずは、この2点に絞って学び実践していくことです。

それが出来た時、あなたの自信や可能性が無限に広がってくる感覚を感じるはずです。

 

=========================================

ネットで学ぶNLP(全56動画)
http://www.nlpfukuoka.com/nlpmovie/

関連記事

ページ上部へ戻る