感情をコントロールする質問

こんな時に役に立つNLP #150

◎感情をコントロールする質問◎

みなさんは、日々生活している中で、上手くいくこともあれば、上手くいかないこともあると思います。そんな時は、嬉しい気持ちになったり、嫌な気持ちになったり、気持ちが変化しますよね。

嬉しい気持ちになれば、他のこともやる気が出てきたり、周りの人に優しくできたり、その他にもいい影響が出てくるので、出来ればそのようないい気分でいたいと思う人が多いのではないかと思います。

では、嫌な気分になった時は、逆にどんな影響がありそうでしょうか?

他のことに対しても、やる気が出なくなったり、身体がだるく感じてしまったり、または、不機嫌な表情になって、周りの人が声をかけづらくなったりすることもあるかもしれません。
あまり時間をかけずに、嫌な気持ちを切り替えることが出来れば、より良い循環が生まれてきそうですよね。

今日は、嫌な気持ちを変えてくれる「質問」をご紹介したいと思います。

私たちは、意識している・していないにせよ、一日に6万回くらい思考していると言われています。その中には、自問自答という自分自身の中での会話も含まれています。

もし、その自分に対する質問が

「なぜ上手くできなかったのだろう?」
「このことが上手くいかなかったら、どんな大変なことが起こるだろう?」
「どうしていつも自分はダメなんだろう?」

だとしたら、

出来ない理由を探したり、上手くいかないことを想像させて不安が大きくなったり、ダメな理由をいくつでも探して、どんどん落ち込んでしまうかもしれませんよね。

では、以下のような質問をしたらどうでしょうか?

「この状況におけるギフトは何だろうか?」
「ここから私は何を学ぶことが出来るだろうか?」
「どうしたらもっとよく出来るだろうか?」

どちらが、自分の気持ちを軽くしたり、より心地良い気持ちに変えて、次の行動に進めそうでしょうか?

質問を変えることによって意識の焦点が変わり、気持ちも変わってきますし、その先の行動も変わってきます。

私は、自分の気持ちを変えてくれるような質問を予め用意して、附箋に書いて手帳に貼っています。そしてネガティブな感情が出てきた時に、すぐに見れるようにして、感情をコントロールするツールの一つとして使っています。

良かったらぜひ試してみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうごいます。

こんな時に役に立つNLP♪
=========================================

ネットで学ぶNLP(全56動画)
http://www.nlpfukuoka.com/nlpmovie/

関連記事

ページ上部へ戻る