自己分析したい時に・・・

【こんな時に役に立つNLP #60】

「あなたはどんな人ですか?」と尋ねられたら、どのように答えますか?

・私は、明るいです。
・私は、面白いです。
・私は、穏やかなです。

自分のポジティブな面を答える人もいるかもしれませんし、

・私は、不安症です。
・私は、飽きっぽいです。
・私は、神経質です。

自分が改善したい所や嫌いな所など、ネガテイブな面を答える人もいるかもしれません。

自分の好きな所がすぐに思い浮かぶ人は、気にならないかもしれませんが、自分の好ましくない所ばかりが見えてしまう人は、辛くなってしまうこともあるかもしれません。

そんな時、嫌だと思っているネガテイブな所を違う視点からみてみるという方法があります。

1.上記の例を違う側面から言い換えてみると、どう表現できますか?

・心配性 → 慎重、想像力が豊か
・飽きっぽい → 気持ちの切り替えが早い、好奇心が旺盛
・神経質 → 目が行き届く、仕事が丁寧

言い換えてみると、かなり印象が変わってきますよね?

更に次の質問をしてみてみると…

2.○○でいることで、得ていることはどんなこと?

上記の例では・・・

・不安でいることで得ていることは?
→ 危険(失敗したり、傷つくこと)から守ることができる。
・飽きっぽいことで得ていることは?
→いろんな体験、経験をすることができる。
・神経質でいることで得ていることは?
→人に誠実に対応できる。

など
答えることができるかもですね。

嫌だと思っていたことからも、得ているものがあったことに気づくことができると、良いも悪いもない事に気づけます。

そうすると、自分自身にももっと慈しみを持つことも出来そうですよね。

あなたは、自分に対して厳しくありたいですか? 優しくありたいですか?

自分にとってより自由で心地のよい選択肢を増やしていくことができる、そんなNLP。

 

=========================================

ネットで学ぶNLP(全56動画)
http://www.nlpfukuoka.com/nlpmovie/

関連記事

ページ上部へ戻る