子育てでうまくいかないなぁ~と思った時に・・・

【こんな時に役に立つNLP#56】

子育ての中で、

「子どもに何度言い聞かせても言うことを聞かない!」
「子供に何度教えても出来ない!」

そんな風に思うことはありませんか?

忙しくて心に余裕がない時に、このような子供の反応が続くと、自分の子供でさえイラっとして強く叱ってしまい、後で後悔してしまうということもあるかもしれませんね。

親と子どもでは、同じ「ことば」でも異なる受け取り方をしている可能性があります。

親が子供に対して、「ご飯をちゃんと食べなさい」という場面を想像してみてください。

ここで親が使っている「ちゃんと」の意味は、「お箸を振り回して遊んだり、立ち上がったりせずに、お行儀よく食べること」を言っているのに、子供は「ご飯を残さずに全部食べること」と受け取るかもしれません。

こうなると、親がいくら「ちゃんとご飯をたべなさい」と言い聞かせても子供は思う通りに動いてくれません。

親が発するメッセージと子どもの受け取るメッセージにギャップ(ミスコミュニケーション)が生まれているのです。

なぜこのようなことが起きるのかというと、私たちはコミュニケーションをする際に、伝えたいメッセージを完全な情報として表現するのではなく、一部の情報を省いたり変化させたりしているからです。

これを解決するためには、親がしてほしいことを「もっと具体的に」子供に伝える必要があります。上記の例で言うと、「椅子に座ってご飯を食べようね」「お箸は振り回さないで食べようね」など具体的な行動を示してあげると、親の言いたいことが具体的に伝わります。

このようなコミュニケーションのギャップは親子の関係だけではなく、職場や友人、家族など、あらゆる関係性の中で起きています。

コミュニケーションにおいて、メッセージをより具体的な表現に変えることは大切です。

 

=========================================

ネットで学ぶNLP(全56動画)
http://www.nlpfukuoka.com/nlpmovie/

関連記事

ページ上部へ戻る