NLPコミュニケーションカレッジ@福岡は、働く人の自己成長を応援します!お問い合わせNLP実践講座@福岡へのお問い合わせ

コミュニケーションを劇的の上達させるNLPとは?

NLPとはNeuro-Linguistic Programming(ニューロ・リングウィスティック・プログラミング)の頭文字をとったもので、1970年代にアメリカ・カリフォルニアで生まれた言語学と心理学等を組み合わせた実用的なコミュニケーション心理学です。

NLPとは?@NLPコミュニケーションカレッジ福岡NLPの創始者である数学者のリチャード・バンドラーと言語学者のジョングリンダーが当時、天才セラピストとして非常に有名だった3人(フリッツ・パールズ、ミルトン・エリクソン、バージニア・サティア)の優秀性やコミュニケーションパターンを徹底的に分析・研究し、その優れた部分を土台に確立した心理学がNLPです。

NLP発祥の地アメリカでは、「脳の取扱説明書」とも言われています。

NLPは誕生後、その効果の高さと即効性で評判になり、瞬く間に多くのセラピストやカウンセラーに広がっていきました。

そして、常日頃つかうコミュニケーションにも活かすことが出来ることがわかり、現在では、さらに多くの分野に広がり、医師・弁護士・ビジネスパーソン・スポーツ選手・教師、家族とのコミュニケーションなどに幅広く活用されています。

日本語では、「神経言語プログラミング」と言われていますが直訳すると、余計わからなくなってしまうので、簡単にご説明すると・・・

【N】は「ニューロ(Neuro)」、神経を意味し、わかりやすくとらえるならば、感覚つまり「五感」と表現できます。

【L】は、「リングウィスティック(Linguistic)」、つまり「言葉」を指します。

【P】は、「プログラミング(Programming)」を意味します。

NLPは、五感や言葉という体験・経験が、人のパターン・癖・習慣(プログラム)を作ったり、行動させたりしていると考えるものです。

NLP理論@NLPコミュニケーションカレッジ福岡例えば、上司に怒られたという出来事(インプット)があったとします。

同じ上司に怒られたという出来事を体験しても、落ち込む人もいれば、頑張ろうとやる気が出てくる人もいます。

この結果(アウトプット)の違いは、それぞれに持っているパターン(プログラム)が違うからなのです。

ある人は、上司に怒られると落ち込むというプログラムを持っており、ある人は、上司に怒られると頑張るというプログラムを持っているということなのです。


またコミュニケーションという面では、上司と話す時に、上手く話せる人もいれば、緊張して上手く話せない人もいるかも知れません。

それもまた、持っているプログラムが違うということなのです。


このプログラムは、五感と言葉という過去の体験・経験によって作られたものなのです。

望んでいる結果ではない場合や望んでいる結果を出したい時は、このプログラムを変えることがとても有効に機能していきます。

例えば、「上司と上手く話せるようになりたい!」ということであれば、上司と上手く話せるというプログラムに変更していくことが有効に働くということなのです。


そのプログラムは、五感と言葉という過去の体験・経験でつくられたものなので、五感と言葉を使って、プログラムを変更していくことが可能です。


NLPでは、この五感と言葉を使って、パターン(プログラム)を変えていく卓越したスキルが数々存在しています。
これが、NLPの有効性を示すものであり、世界的に支持されている理由でもあります。


⇒ 当カレッジのNLP講座のコンセプトを見る